消費者金融の怖い取り立ては今でも本当に存在するの?

取り立て

借金の取り立てというとテレビドラマなどであるような家まで押しかけてきて、大声で威圧するといった怖いイメージがあるのではないでしょうか。脅迫をするような怖い取り立ては、実は昔は本当にありました。けれども社会問題になり法律が改正されたことによって、正規の消費者金融は無理な取り立てをすることができなくなり、現在では怖い思いをすることはありません。

 

どのような決まりがあるのかというと、夜間や早朝、夜の9時から朝の8時までの間は電話をしたり訪問をすることが禁止です。借金をしていることなどの個人情報を第三者に伝えることも禁じられていますし、取り立てのイメージ通りの大声をだしたり暴力的な言動をすること、もちろん暴力そのものも法律によって規制されています。その他にも勤務先や返済の義務のない親族への取り立て、3人以上の大人数で返済を迫るといった行為もできないなど細かい規定があるので作られています。

 

これらの禁止されている取り立て行為を行ってしまうと、消費者金融は行政から営業停止などの処分を受けてしまう可能性があるので、無茶な取り立ては出来なくなっているのが現状です。

 

しかし返済が遅れてしまえば、普通に電話や手紙による督促はあるので、延滞しないように気を付けましょう。