お金借りる至急!今すぐ借りたい人向けの安心カードローン

お金借りる至急

「あとちょっとだけ至急でお金借りるには・・・」

 

という時に注意しなければいけないのが闇金やソフト闇金です。

 

審査なしで即日融資など書いてある所は基本的に危険なところなので手を出してはいけません。取り返しのつかないことになってしまいます。

 

お金を借りるには至急であっても審査があるところを選ぶ必要があります。しっかりした安心の所でも即日でお金を貸してくれる所はあるので、その中から選ぶようにしましょう。

 

至急でお金借りる人向けの安心のカードローンを並べておきます。この中から選べば間違いはありません。

 

アコムの特徴

アコムはCMもやっているように大手で安心できるカードローンです。

最短30分で審査が完了し、最短60分で借入までが完了します。至急でお金借りたい人には嬉しいサービスですね。

また初めてアコムでお金を借りる人は30日間利息がゼロになりますので、その間に返済すれば利息を払う必要がないというメリットもあります。

楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日振込に対応してくれますので、無人契約機に行かなくてもOKです。至急お金借りる場合には助かりますね。

土日祝日でも対応してくれますし、50万円までの借入であれば基本的に収入証明は必要ありません。非常に利用しやすいですし、安心なので一押しです。

金利 3.0-18.0%
融資限度額 800万円まで
評価 評価5

プロミスの特徴

プロミスもCMでやっているように大手で安心できるサービスです。

土日祝日も対応してくれて、50万円までの融資であれば基本的に収入証明は必要なしです。

アコムと同じように審査は最短30分で終了し、融資までは最短60分になります。

プロミスで初めて借りる人は借りた日の次の日を1日目として30日目まで無利息ですので安心ですね。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)

ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座があれば24時間365日振込で融資可能な瞬フリサービスにも対応していますので、無人契約機に行く必要がありません。

プロミスはカードありかなしかを選択できるので、カードなしにしておけば家族バレの心配も減りますね。

金利 4.5-17.8%
融資限度額 500万円まで
評価 評価5
SMBCモビットの特徴

ネット完結申込をすると職場への電話連絡がなく、郵送物もないので職場バレや家族バレを気にする方におすすめです。

ネット完結申込は入力項目が少ないので時間がない方でも素早く審査依頼ができます。

即日融資のためには平日14:50までに契約を完了しておく必要がありますので、余裕をもって審査の依頼をしておきましょう。

多くの銀行やコンビニのATMで借入ができるので便利です。

金利 3.0-18.0%
融資限度額 800万円まで
評価 評価4
アイフルの特徴

最短30分で審査完了、最短60分で融資完了なので、即日でお金を借りることが可能です。

初めてアイフルを利用する人は最大で30日間無利息なので安心ですね。

カードは「配達時間えらべーる」というサービスを利用すると、家族にバレずに受け取る事も可能です。

50万円以下の借入で、他社も合わせた合計が100万円以下なら収入証明は必要ありません。

金利 3.0-18.0
融資限度額 800万円まで
評価 評価4

 

お金借りる至急で!借り方はどうするの?

お金借りる至急

急いでいて至急でお金を借りたい場合は、まず審査の申し込みをする必要があります。

 

無人契約機に行ってその場で審査の申込もできますが、基本的に1人ずつなので誰かが先に入っていれば待つ必要があります。

 

そうなると誰かに見られてバレる可能性もありますよね。また必要書類を忘れた場合には家に取りに帰る必要もあります。

 

またスムーズにいったとしても無人契約機内で審査の間30分以上待つ必要があります。ですのでまず無人契約機に行くのは最短ではありません。

 

至急お金を借りたいと思ったら、すぐにネット上で審査の申し込みをしましょう。簡易審査をしてくれる所もありますので、まずはスマホでもいいのでサクッと審査の申込をしておきます。

 

それから無人契約機に向かいましょう。無人契約機に到着するころには審査が終わっているかと思いますので、融資までの時間を短縮することができますね。

 

審査に通過していれば、無人契約機でカードを受け取って、無人契約機内のATMやコンビニのATMなどでお金を引き出すことができます。

 

もし提携銀行(アコムなら楽天銀行、プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行)の口座を持っているなら、ネットで審査申し込みをした後に無人契約機に向かう必要はありません。

 

審査に通過したら、24時間365日提携銀行に振込可能ですので、振込してもらってから近くのATMで引き出し可能になります。

 

【提携銀行の口座なしの場合】
ネットで審査の申込⇒無人契約機に向かう⇒審査に通過したら無人契約機でカードを受け取る⇒無人契約機内のATMやコンビニのATMなどでお金を引き出す

 

【提携銀行の口座ありの場合】
ネットで審査の申込⇒審査に通過するまで待つ⇒審査に通過したら提携銀行に振込してもらう⇒近くのATMでお金を引き出す

 

今すぐお金を借りる時に気になる融資限度額|いくらまで借りられる?

今すぐお金を借りるときに利用できるのはアコムやプロミスなどの消費者金融だけであり、銀行では審査に時間がかかるので間に合いません。借りるときに気になる融資限度額は、総量規制の対象になるため、消費者金融や信販会社などの借り入れ限度額の総額で年収の3分の1までになります。

 

ただし、実際には年収が高くても、その3分の1の金額を希望して申し込んでも審査に通らない、または減額されることが多いです。担保や保証人が不要である、信用で融資を受ける方式であり、新規契約の際にはまだ十分な信用がない状態です。高額の融資を行って返済できなくなると大きな損失を被るため、最初は融資限度額は低くなっており、そこから利用実績を作って申請することで増額できます。

 

新規契約で通りやすい融資限度額の目安は50万円です。この金額までであれば、収入証明書の提出が不要になっている消費者金融が多いです。これよりも高額の限度額が必要になると、貸金業法で収入の確認が義務化されているので収入証明書の提出が必須になり、審査も厳格に行われます。そのため、今すぐお金を借りることを重視するのであれば、融資限度額を50万円以下に抑えておくと良いでしょう。

 

即日キャッシングの場合でも返済で困らないようにシミュレーションをしておこう

返済シミュレーション

キャッシングをするときには返済で困らないようにシミュレーションをしておくことが重要です。シミュレーションとは、お金を借りてそのお金を返済していくための計画の事で、金融機関のホームページから簡単に行うことが可能です。借入金額を入力すると金利に応じた返済金額のシミュレーションをすることが出来ますので計画的に返済するのに役立ちます。

 

カードローンや消費者金融から融資をうける場合は、返済できる金額を借りるのが重要です。返済が滞ると信用情報でそのことが記録されてしまい、その後融資をうけるのが難しくなったり住宅ローンなどを組むことが出来なくなります。信用にきずがつかない方法としては、決められた金額を毎月返済することですので便利なキャッシングを使い続けるためにも返しやすい金額を融資してもらうことがポイントです。

 

月々いくらずつ返すことができるかについては収入によっても異なりますが、無理のない金額に設定するためにも借りすぎには注意が必要です。いくつかの消費者金融やカードローンで融資をうけていて返すことが難しくなったり期日の管理が行いにくくなったときにはおまとめローンと呼ばれる一本化のサービスが便利でお得です。

 

至急お金借りる時にはおろそかにしてしまいがちですが、計画は大事ですね。

 

キャッシングの金利に幅があるけど、実際にはどのくらいの金利になるの?

キャッシングの金利の幅

キャッシングの金利には幅があります。ここでは、4.5%〜18.0%と書かれているキャッシングについて解説をしましょう。消費者金融の金利は原則として実質金利で表記されています。年利4.5%〜18.0%と書かれていたら、それ以外に手数料などがとられることはないということです。ただしATM利用手数料などはかかることがあります。どのくらいの金利になるのかを予想する前に限度額を確認しましょう。限度額は10万円〜500万円などとなっているはずです。

 

このケースでは、限度額が500万円になったら金利は4.5%になることが予想できます。逆に、限度額が50万円以下では最高の金利18.0%が適用される可能性が高いです。正社員として働いている人でも、最初は限度額50万円以下、金利は最高になることがほとんどです。継続的に利用をして信用を上げていかなければ限度額は上がりません。最初からいきなり信用されるということはほとんどないということです。

 

公務員の人などは信用がありますが、それでも自己都合で退職をする可能性があるのでキャッシングサービス側にとってリスクはゼロではありません。せっかく公務員や大企業の社員になっても自己都合で辞めてしまう若者もいます。ですので4.5%〜18.0%の場合、ほとんどの人は最初は18.0%が適用されると思っておくと間違いないでしょう。

 

更新履歴